スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・コーヴ

遅ればせながら観てきました。
いろいろ物議を醸してはいましたが、想像を超えるようなものではなかったです。

ドキュメンタリーとはいっても、事実を淡々と綴るモノではなく、
それなりにエンターテインメントしていました。
退屈さはないのかしれませんが、個人的にはあまり好きな演出ではないです。

この国を外から見ている感覚は面白かったです。
また、規制らしいですが人の顔のボカシはないほうがいいですね、
相手が顔のない敵(異形)にしか見えません。

この捕鯨国においてさえ、イルカ肉を好んでた食べる人自体がきっと相当少ない中で
食用として狩ることの必要性はあまり感じないというのが正直なところですが、
国が絡むとそれはそれとして、また別の意志が働くところだと思うので
そういったところが浮き出ていた点は◎かなと思います。

本筋ではないですが、IWC日本代表団がいい味出していました。
悲しいかな悪人として…w

イルカ漁に関して、こういった事実を国民が知らされていないのはプロパガンダによるものと言い放ちます。
確かに問題はあると思いますが、情報なんてものは個人で集めても偏るものです。
事実を知れば全員が反対するかといえば、それぞれの信ずるところにより違うと思います。

結局判断するのは観た人なですが、内容が一方的であってもこれを観たところで
そこまで強烈にイルカ猟を非難する人はいないんじゃないか…と思います(その人の利害関係によりますが)。

それはこの映画が、皆が素朴に思うであろう疑問には答えていないからです。


牛は?豚は?鶏は?魚は? 殺して食べてもいいの?


劇中においてイルカは特別だと主張しているのが逆によくなくて、陳腐な印象すら与えます。
結局、イルカという大衆受けのいい生き物(これは映画内で散々強調されていました)を選んで、自身の利と一致する、ある程度の市場を形成しているであろう自然保護的なものをアピールするための道具として利用しているだけでは…という印象を持ってしまいます。
こういう印象を植え付けてしまってはいけないと思います。
これは演出の負けでしょう。


結論として、「いのち」の消費を描いたドキュメンタリーとしては、
正々堂々と受け手に委ねているという点で、「いのちの食べかた」の方が圧倒的に優れた作品だと思います。

もう上映回数も少なくなっているようです。
これもまた一時の風でしかなく、このまま消えていってしまうのでしょうかね。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

自己紹介

煩悩即菩提

Name:煩悩即菩提


三流SEです。
開発は基本Javaです。
Androidアプリ作り隊。。

お絵かきを少々しとります。
こちらもぱっととしないのが悩みです。

bonnosokubodaiをフォローしてください

Pixivアカウント

カレンダー   
Recomend


ビデオニュース・ドットコム
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。